このページの先頭です

妊活中に葉酸を摂取するべき理由【着床力・妊娠力向上】のメカニズム

209views

投稿日:

高齢妊活の特徴

妊娠は、望めばいつでもすぐにできるものだと思い込んでいる人はまだまだ多く、思い通りに妊娠できないことで、初めてその壁にぶつかってしまいます。特に、35歳以降で初めて妊娠を希望する人にとってその壁はさらに高く、超えるための試行錯誤が必要となってきます。

妊娠するための活動を、妊活と呼ぶようになりしばらく経ちましたが、言葉の浸透と同じくして、妊活をする女性も随分多くなりました。同じ妊娠を希望する女性でも、その年齢や体質、ライフスタイルによって妊娠への道のりも違ってくるものです。

35歳以降で妊活を始めることを高齢妊活といいますが、これは年齢というラインづけで他の年代の女性の妊活と区別したものです。

区別する理由

35歳以降で出産に臨むことを高齢出産というように、35歳以降で妊活をすることを高齢妊活といいます。年齢によって区別する理由は、35歳以降の妊娠がとても難しいものとなるからです。もちろん体質的な問題もありますが、ほとんどの女性において、歳をとるほど妊娠しにくい体となっていきます。

その原因は、加齢による卵巣機能の低下と、卵子の老化です。妊娠は、成立するまで様々なことをクリアしてようやくたどり着けるものですが、加齢により、そのスタートラインともいえる卵の状態から、問題が発生してしまうのです。

まず高齢妊活に必要なことは、そんな卵子の老化を防ぐことであり、卵巣機能の低下をできるだけ遅らせることです。若い世代にはあまり発生しえない問題であり、この問題こそ高齢妊活の特徴でもあるのです。

高齢妊活の目的

高齢妊活の1番の目的は、まずは卵巣機能の低下を防ぎながら、卵子の老化を食い止めることです。卵巣機能が低下してしまうことで、質の良い卵子が排卵されなくなります。質の良くない老化した卵子のままでは、妊娠することが難しく、妊娠できたとしてもその後受精卵が発育することが難しくなります。

卵子を老化させず、できるだけ若返りを図る必要がありますが、そのための活動こそ高齢妊活の目的でもあるのです。

高齢妊活成功への道

高齢妊活を成功させるために有効的な働きがあると言われる、代表的なものを見てみましょう。

ミトコンドリアの働き

卵子の若返りに一役買うのが、ミトコンドリアです。ミトコンドリアとは、人の体に必要なエネルギーを生み出す、とても重要な働きをする細胞小器官です。人間のすべての細胞に存在し、卵子の中にも存在します。

このミトコンドリアの働きを活性化することで、卵子の老化を防ぐことができるのです。ミトコンドリアは、加齢とともに減少するため、その働きを活性化するサプリメントなどを摂取することで、効率よく増やすことができます。

葉酸の働き

妊娠を継続するには、受精卵となった後の成長も大事です。ミトコンドリアの活性化により、卵巣機能の低下や卵子の老化を防ぐことができても、受精卵となったのちにしっかり成長しなくては、残念な結果となってしまいます。

質のよい卵子であれば、精子と結びつきやがて受精卵となり、子宮内膜に着床しますが、その働きをサポートする力があると言われているのが、葉酸です。葉酸の力により、着床力をさらにアップさせることができるのです。

子宮内膜に働きかける

葉酸には、子宮内膜を厚くする働きをもつ、卵胞ホルモンを活性化する働きがあります。妊娠を継続するために欠かせないのが、受精卵の着床です。質の良い卵子から受精卵が誕生しても、質の良い子宮内膜でなければ着床できないのです。

すなわち、受精卵という卵が成長するには、より心地よいベッドが必要であり、その質の良いベッドを作り上げる力をサポートするのが、葉酸なのです。

子宮内の血行促進

女性の大敵とも言われる冷え症ですが、冷え症とは血行不良の状態を言うものです。血行不良の状態では、子宮や卵巣の働きも悪くなり、妊娠する力が全体的に劣る原因となってしまいます。葉酸には、赤血球をつくるという造血作用があり、この働きによって血行を促進させる効果を発揮するのです。

葉酸の力により、血液量が増加することで子宮内の温度も高くなり、妊娠力も向上することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です