このページの先頭です

【妊娠力アップ!】妊活に役立つ生活習慣や栄養分を詳しく解説

212views

投稿日:

妊活に役立つ生活習慣

身体を温める

身体が冷えて血流が悪化すると、血液は生命維持に関わる部分へ優先的に供給されます。その際に卵巣や子宮への血液供給が後回しにされるため、身体が冷えると生殖機能が大幅に低下します。そのため冷え性対策は妊活の基本といわれており、妊活中の女性は身体を温めることが大切です。

真夏でもエアコンが効いて肌寒い屋内に滞在する際にはカーディガンやマフラーを着用したり、入浴する際はシャワーだけで済ませずに温かい湯船に浸かることが大切です。また、ジョギングやウォーキングなどの適度な運動を行うことでも、冷え性改善に役立つ効果が得られます。

十分な睡眠をとる

ストレスを感じると卵子を老化させる原因である活性酸素が増加します。しかし、睡眠時間が不足していると日中の集中力が低下するため、様々な作業を普段通りにこなせずにストレスを感じやすくなります。

また、睡眠時に分泌される成長ホルモンには卵子の成長をサポートしたり、ホルモンバランスを整える作用がありますが、睡眠不足に陥るとこれらの作用が十分に機能しないため妊活に悪影響を及ぼされます。そのため、妊活中は十分な睡眠をとることが大切です。

禁煙する

タバコの煙に含まれているニコチンには、血管を収縮させて血流を悪化させる作用があります。そのため、タバコを吸うと血行が悪化して生殖機能が低下するため、妊活に多大な悪影響を及ぼされます。

さらに活性酸素には卵子など身体の細胞を老化させる作用がありますが、タバコを吸うと体内の活性酸素が大幅に増加します。さらにタバコの煙自体には、活性酸素の一種である過酸化水素が含まれています。そのため妊活中の女性は禁煙する必要があります。

激しいダイエットをしない

激しいダイエットによって栄養失調になると、少ない栄養分が生命維持に関わる部分へ優先して供給されます。そのため卵子や子宮などが必要とする栄養分が十分に供給されず、生殖機能が大幅に低下します。

さらに短期間で急激に体重が減少することでホルモンバランスが乱れて、無排卵や月経不順といった不妊に繋がる症状を発症する可能性もあります。そのため、妊活中の激しいダイエットは控えましょう。

妊活に役立つ栄養分

コエンザイムQ10

赤血球以外のあらゆる細胞内に存在して、人間が活動する上で必要なエネルギーをミトコンドリアが生成する際に発生する活性酸素を除去する役割を担っているのがコエンザイムQ10です。そのため、コエンザイムQ10を摂取することで卵子の老化を促すなど妊活に悪影響を及ぼす原因である活性酸素を減らす効果が得られます。

葉酸

葉酸は受精卵の細胞分裂をサポートしたり、子宮内膜を分厚く整えて着床しやすくする効果を持った栄養分です。そして葉酸には血中のホモシステインと呼ばれる物質の量を減らす効果があります。ホモシステイン値が下がることで卵巣の働きが活性化するため、卵子の若返りに役立つ効果が得られます。

そのため葉酸は、高齢妊活を行っている方には欠かせない重要な栄養分です。また、日本では約4%の確率で胎児が先天性奇形を発症しますが、十分な量の葉酸を摂取することでその確率を下げる効果が得られます。

そのため、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の中で厚生労働省は、妊娠を計画中の女性にたいして葉酸を1日に400μg摂取することを推奨しています。そして一般的な食事だけでは十分な量の葉酸を摂取することが難しいため、妊活サプリを利用することが大切です

ショウガ

ショウガに含まれているジンゲロールという辛味成分には、妊活の大敵である冷え性を改善する効果があります。さらにショウガを加熱したり乾燥させることでジンゲロールが変化して、より優れた冷え性改善の効果を持ったショウガオールという成分に変わります。

そのため、生のショウガを摂取するよりも乾燥させたショウガを摂取する方が、より冷え性改善に役立つ効果が得られます。

オリゴ糖

妊活に役立つ栄養分を豊富に摂取しても、腸内環境が乱れていると身体の吸収率が低下するため十分な効果が得られません。しかし、オリゴ糖を摂取することで腸内環境が改善されるため、食事や妊活サプリによって摂取した様々な栄養分の効果を十分に引きだせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です