このページの先頭です

ミトコンドリアで卵子が活性化!妊活で重要な卵子の働きと効果

249views

投稿日:

卵子の質を落さないことが重要

卵子の数は加齢と共に減る一方

妊活で大切なことは卵子の質を落とさないことが重要視されます。女性の卵子の数は出生してからどんどんと数が減っていき、精子のように増えることはありません。出生した時には200万個近い卵子がありますが、生理が始まる頃には30万個近くまで減少すると言われています。

一見多い数に思われますが、実際に排卵される卵子の数は500個程度と言われているので、1%未満しか排卵しません。卵子の数はどんどん減っていくので、妊活は早いうちから始めることが大切ですし、卵子の数は増やせないので質を落とさないことが重要なのです。

卵子の老化は卵子の質の低下に繋がる

高齢になるほど妊娠しにくいのは、卵子も老化と共に質が低下していくからです。卵子は生まれた時からどんどん数は減っていきます。20歳で排卵した卵子と40歳で排卵した卵子では、卵子の老化はあきらかに進んでいます。

卵子の老化は実年齢と同じなので、若い時の卵子ほど正常な卵子として妊娠しやすくなります。卵子は加齢によって質が低下していますが、老化を止めることはできません。そのためいかに卵子の質を低下させないようにするかが大切なのです。

ミトコンドリア の役割と影響力

ミトコンドリアは細胞のエネルギー源となる重要な役割を担っていますが、ミトコンドリアは卵子を形成する重要な細胞としても活躍しています。ミトコンドリアを摂取することによって、卵子の活動を活性化させることができるので、卵子の若返りと同等の効果が期待できます。

高齢妊活では卵子が老化によって元気がなくなるので、ミトコンドリアを上手く摂取することによって卵子の働きを活性化させることができます。

卵子の数は年齢と共に減ってしまうのは仕方がありませんが、卵子の老化を防いで質を保つことはできます。ミトコンドリアを摂取すれば卵子の活動を活性化させることが期待できるので、妊娠しやすい体作りをすることができるのです。

高齢による妊娠のリスク

30代後半から40代の人は高齢妊活となりますが、年齢を重ねるほど卵子の老化も進んでいると言えます。そのため卵子の老化と共に妊娠しにくい体となってしまいます。卵子が老化をすることによって染色体異常が出やすくなるので、妊娠しにくかったり流産をしてしまうケースが多くなります。

卵子を若返らせることはできませんが、老化を防いで活動を活発化させることはできます。そのため高齢妊活で葉酸やミトコンドリアを摂取して、妊娠しやすい体を整えることが重要になります。

サプリメントで効果的に栄養を摂取

葉酸によって妊娠しやすい体を作れる

妊活中に重要な栄養素として葉酸はよく聞きますが、葉酸を摂取することによって細胞の生成や再生を助ける働きがあると言われています。妊活中に葉酸を摂取することによって妊娠しやすい体を作れると共に、妊娠初期には胎児の健康維持にも役立つ栄養素です。

妊活中や妊娠初期には重要な役割を担っていますが、普段の食生活ではなかなか摂取しにくい栄養素となります。そのためサプリメントから効果的に摂取することによって、妊活する人の強い味方となってくれます。

ミトコンドリアは体の老化を防ぐ効果が期待できる

妊活中の必要な栄養素として葉酸と共に注目されているのがミトコンドリアです。ミトコンドリアは体のエネルギーとなる物質で、老化を防ぐ効果が期待できます。そのため高齢妊活の人ほどミトコンドリアを上手く摂取して、妊娠しやすい体作りに役立てたいです。

葉酸とミトコンドリアはサプリメントを利用すれば簡単に摂取できるので、妊活中はバランスの良い食事と適度な運動と共に、サプリメントによって栄養をしっかり補給しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です