このページの先頭です

妊活は夫婦で一緒に!妊活に役立つ栄養分を男女別に紹介

153views

投稿日:

男性の妊活に役立つ栄養分

亜鉛

亜鉛は精子内に多く含まれており、精子を生成する際に重要な役割を担う栄養分です。亜鉛を摂取することで性欲減退や勃起不全などを改善する効果が得られるため、欧米ではセックスミネラルとも呼ばれています。

逆に体内の亜鉛が不足していると、精子の質が低下したり勃起不全を発症する場合があるので、妊活中の男性は十分に摂取する必要があります。しかし、亜鉛は体内の吸収率が低いことに加えて、汗や尿を通して体外に排出されるため不足しやすい栄養分です。

そのため通常の食事だけで十分な量の亜鉛を摂取することは難しく、妊活サプリなどを利用して不足分を補うことが大切です。

セレン

セレンは精子の頭部と尾部をつなぐ部分に多く存在しており、精子の形成に大きく関わっている栄養分です。そのため、男性の体内でセレンが不足していると正常な精子の割合が低下したり、精子の量が減少します。

さらにセレンは、グルタチオンペルオキシターゼという抗酸化物質の一部なので不足すると体内の活性酸素が増加します。その結果、精子が老化して質が下がる場合があります。このように体内のセレンが不足すると妊活に大きな悪影響を及ぼされるため、十分に摂取することが大切です。

アルギニン

アルギニンは精子の約8割を占めている主要な成分です。一酸化窒素を生成することで血管を拡張し、海綿体の血流を良くすることで勃起不全を改善する効果を持つことで「天然のバイアグラ」とも呼ばれています。

十分に摂取することで精子の質や量を向上させる効果が得られる一方で、逆に体内のアルギニンが不足していると精子無力症や精子欠乏症といった不妊に繋がる症状を発症する可能性があるため注意が必要です。しかし加齢に伴って体内のアルギニンは減少していくので、妊活中の方は妊活サプリなどを利用して積極的に摂取する必要があります。

タウリン

タウリンには血行を促進する作用があるため、摂取することで男性器の血行を促進して勃起不全を改善する効果が得られます。また、男性の妊活において重要な栄養分である亜鉛は飲酒によって体内で失われやすいという特徴がありますが、タウリンを摂取することで亜鉛の減少量を抑えられます。そのため妊活中の男性でお酒が好きな方はとくに摂取する必要のある栄養分です。

女性の妊活に役立つ栄養分

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は細胞内に存在するミトコンドリアが、人間の生命活動に必要なエネルギーを生成する際に発生する活性酸素を除去する効果をもった栄養分です。

さらに、カナダの大学と不妊治療クリニックが合同で行った実験により、コエンザイムQ10を摂取させたマウスに卵巣機能の向上などの妊活に役立つ効果が見られたことで、妊活に役立つ栄養分として高い注目を浴びている栄養分です。

マカ

マカは南米ペルーに自生する植物であり、良質なタンパク質に加えて各種ビタミンやミネラル、必須脂肪酸や抗酸化物質などを含んだ非常に栄養価の高い食品です。さらにマカに含まれている「ベンジルグルコシノレート」という成分は、不妊の改善や生理不順の解消といった妊活に役立つ優れた効果を発揮します。

しかし、日本の一般的な食生活ではマカを摂取する機会はありません。そのため、妊活中の女性は妊活サプリを利用してマカを摂取することがお勧めです。

葉酸

葉酸は厚生労働省が『日本人の食事摂取基準(2015年)』の中で、妊娠を計画中の女性たちに1日400μgの摂取を呼びかけている栄養分です。摂取することで胎児が先天性奇形を発症する確率を低下させたり、子宮内膜を受精しやすい状態に整える効果が得られます。

さらに卵子は加齢に伴って老化していきますが、葉酸を摂取することで老化の原因である活性酸素を除去したり細胞分裂をサポートできるため、卵子の若返りに繋がる効果が得られます。そのため、とくに高齢妊活を行っている女性にとって重要な栄養分です。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内に存在している善玉菌のエサになる栄養分です。腸内環境が悪化すると栄養分の吸収率が低下するため、妊活に役立つ栄養分を摂取しても十分に効果を引き出せません。しかしオリゴ糖を摂取することで、腸内環境を改善して栄養分の吸収率を高める効果が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です